世界一挑発的なイタリア証券取引所

日本では東京のイメージが強いためか、首都というと政治・行政・経済すべての中心地というイメージがあるかと思います。しかし世界には、政治・行政の中心地と、経済の中心地を分ける政経分離型のモデルで国家が成り立っている国々も数多くあります。アメリカ合衆国(ワシントンDC・NY)やオーストラリア(キャンベラ・シドニー)が代表的ですね。そしてイタリアも例に漏れず、このモデルを採用しています。

イタリアの首都はローマでは、国会が行われ、首相官邸もあるため、政治・行政の中心地としての役割を果たしています。しかし、経済・ビジネスの中心地になっているのはミラノです。恐らく狙って政経分離を行ったわけではなく、他のEU諸国に近いという立地条件が有利に働いたことで、ミラノの経済市場が大きくなったのだと思いますが。

そしてイタリア経済の中心であるミラノには、勿論イタリア証券取引所(Borsa Italiana)もあります。メトロ赤線・Cordusio駅から歩いて3分のところにあるPiazza Affari(直訳すると仕事広場)に聳え立つこちらの荘厳な建物。 Continue reading “世界一挑発的なイタリア証券取引所”

ミラノの移動手段:メトロ・トラム・バス編

以前の投稿でミラノのカーシェアリング・バイクシェアリングサービスについて紹介いたしました。これらは会員登録が必要なため、定住者向けのサービスと言えるでしょう。

一般的に観光客としてミラノを訪れた際は、公共交通機関を使用するのが一般的です。今回は、そのミラノの公共交通機関の種類と乗り方をご紹介いたします。
Continue reading “ミラノの移動手段:メトロ・トラム・バス編”

イタリアNo1観光地、ミラノ

ミラノは、その経済規模や国内への影響力の割に、
観光客の数が少ない都市…でした。少し前までは。

またまた新聞Corriere della Seraの記事からのネタになりますが、
Master Card調査の世界渡航先ランキング 2016年Ver.で、
ミラノがイタリアの都市で最も良い順位(世界14位)に着いているという結果が発表されました。

これ、イタリアに住んでいる人にとってはとても意外な順位なのです。
なにせ、ヴェネツィアフィレンツェ、そして首都ローマを押さえての国内1位。
一般的にはドゥオーモと最後の晩餐くらいしか有名な観光スポットが無いミラノに、
ここまで観光客が訪れるのは、住人としてとても嬉しいことであると同時に、
不思議に思うことでもあります。

Continue reading “イタリアNo1観光地、ミラノ”