イタリア国民投票・レンツィ首相辞任-その2

政治的な記事が続いてしまい申し訳ないですが、本日もまた国民投票の話をちょっとだけ。きっとこれで最後になる…はずです。

さて昨日は、投票率・投票先の南北での差についてお話しました。今日は、国民投票の否決が何を示すのか、今後どのような政治情勢になっていくのかについて掘り下げてみたいと思います。あくまで私が実生活で触れた意見を元にした個人的な見解ですので、国民の総意でもオフィシャルな情報でもないことをあらかじめご了承下さい。

Continue reading “イタリア国民投票・レンツィ首相辞任-その2”

イタリア国民投票・レンツィ首相辞任-その1

長い間話題にあがっていたイタリア国民投票、ついに決着がつきました。結果はNO否決派の勝利となりました。

今回議題となっていたのは、以前の記事でご紹介したように、完全二院制の廃止をするか否かということ。実際はそれに伴い他の多くの変更事項も含まれていたのですがメインはあくまでも上院の権力を縮小しようというものでした。

昨日12月4日に投票が行われ、結果は59% 対 41%否決となりました。元々国民投票前の世論調査では否決派が優勢とずっと伝えられていたので納得の結果ではありますが、トランプ当選・Brexitとどんでん返しが続いていたため、皆ハラハラしながら開票速報をチェックしていました。

さて今回の国民投票の結果、せっかくですので詳しく掘り下げたいと思います。

Continue reading “イタリア国民投票・レンツィ首相辞任-その1”

12月4日 イタリア国民投票:まとめ

今回は少しテイストを変えてお送りしたいと思います。

来る12月4日、イタリアではとても重要な国民投票が行われます。以前の記事でも触れたように、完全両院制を存続させるか否か、というのが根本的な議題として扱われています。しかし、イタリアで生活をしていると、この国民投票が全く異なる捉え方をされているのが肌で実感できます。

実はかなり複雑な構造の議題を取り扱っているため、イタリア人でも理解している人が少ないといわれている今回の国民投票。私なりに調べてみましたので、簡単に説明していきます。

Continue reading “12月4日 イタリア国民投票:まとめ”