ミラノで愛されるブラジリアン寿司

世界中で愛されるSUSHI。ここミラノも例に漏れず、いまや寿司を食べたことのないミラノ市民は殆どいないのではないかという位、寿司文化が浸透しています。

手軽に寿司を食べたいときはAll you can eat(中国人が経営する食べ放題の店)で20ユーロで寿司を満喫し、本格的なものを食べたいときは、OsakaEndoといった老舗の日本食レストランに行くこともできます。ミラノの有名デパートLa Rinascenteの最上階には、回転寿司もあります。

どんなニーズにも対応できる寿司の万能さをミラノの人々も好んでおり、頻繁に食しています。実際に私も、日本に住んでいるときよりミラノ移住後の方が、寿司を食べる機会が増えました。

今日は、そんな寿司フィーバー真っ只中のミラノで、お洒落な若者たちに大人気のある寿司があります。



数年前に出現し、流行やお洒落なものに敏感なミラノの若者たちに一躍愛されるようになった寿司があります。それが、ブラジリアン寿司

ブラジリアン+寿司という組み合わせ、初めて聞く方には違和感満載だと思います。私も最初に耳にした時は、怪しすぎるし絶対に美味しくないだろうと思っていました。ところが一度試してみたら、一気に虜になってしまったのです。そんなブラジリアン寿司の魅力を掘り下げてみましょう。

ブラジリアン寿司って?

一言で説明すると、カリフォルニアロールの発展版です。カリフォルニアロールはアメリカ・ロサンゼルスで60年代に生まれた、アボカドやカニカマ、フィラデルフィアチーズを使用した裏巻きのことです。裏巻きですので、外側から酢飯、海苔、具の順で巻かれています。現地の日本食シェフの手によって、生魚や海苔に抵抗があった当時のアメリカ人のために作られたメニューのようです。

ブラジリアン寿司は、20世紀頭にブラジルに渡った日系移民によって発案されたといわれています。自国と寿司文化と現地のブラジルスタイルが融合して出来たものであり、カリフォルニアロールが生まれた経緯と通ずるところがありますね。

ブラジリアン寿司には、カリフォルニアロールに非常に似た裏巻きスタイルと、手巻き寿司スタイルのものがあります。大抵の場合、サーモン・ツナ・海老とアボカドが巻かれており、上からアーモンドスライスやマヨネーズ、サーモンなどで鮮やかにデコレートされています。

例えばこんな感じ。

ちなみに変化球として、写真の右側に写っているイチゴののった寿司だったり、アボカドを揚げたおつまみがあったりもします。サイドメニューもとてもトロピカルですね。

ブラジリアン寿司の食べ方は?

上の写真には三本の裏巻き+イチゴ寿司がありますが、これで大体二人前くらいの量です。違う種類の裏巻きをいろいろ頼んで、皆でシェアして食べるのがスタンダードなスタイル。デコレーションも凝っているので、色んな種類の裏巻きが並ぶと見た目にもとても鮮やかです。

また、ドリンクとしてカイピリーニャというブラジルのカクテルを頼むのも定番です。カシャッサというラム酒の一種とライム酒、砂糖で作るカクテルで、お好みで様々なトロピカルフルーツを入れることも出来ます。最近は、このカイピリーニャのカシャッサを日本酒に置き換えた、サケピリーニャというカクテルも人気。これぞ日本とブラジルの融合メニューという感じですね。



ミラノでお薦めのブラジリアン寿司は?

ミラノで一番有名なブラジリアン寿司は、間違いなくTemakinho(テマキーニョ)でしょう。ミラノとローマ、そしてスペインのイビザ島に店舗展開をしています。ミラノには、ナヴィリオ地区ブレラ地区カドルナ駅近辺とアクセスが良いゾーンに出店しています。一番新しいカドルナ駅のTemakinho Magenta店にはライブミュージックスペースもあり、生演奏に酔いしれながらブラジリアン寿司を楽しむことが出来ます。唯一の欠点は、どの店舗でも店員さんの態度があまり・・・なのです。本当に残念。そこにさえ目を瞑れれば、最高のお洒落スポットなんですけどね。

また、Bomaki(ボマキ)というレストランもとても人気があります。ミラノに三店舗ありますが、特にセンピオーネ公園の裏、平和門(Arco della Pace)の近くの店舗はアマゾンをイメージした店内で、とても素敵です。ミラノのバスケットボールチーム、アルマーニ・ミラノの選手がよく出没することでも有名で、実際に私も何人か見かけたことがあります。

日本人には違和感が・・・でもトライする価値あり!

普通の寿司に慣れている日本人にとって、ブラジリアン寿司は邪道に見えるかもしれません。しかし個人的には、食わず嫌いをするにはもったいないものだと思います。日本の伝統的な寿司とは全く別ものの食べ物として認識し、是非一度トライしていただきたいです。トロピカルな寿司、なかなか悪くないですよ。

 

 

Published by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です