イタリア国民投票・レンツィ首相辞任-その2

政治的な記事が続いてしまい申し訳ないですが、本日もまた国民投票の話をちょっとだけ。きっとこれで最後になる…はずです。

さて昨日は、投票率・投票先の南北での差についてお話しました。今日は、国民投票の否決が何を示すのか、今後どのような政治情勢になっていくのかについて掘り下げてみたいと思います。あくまで私が実生活で触れた意見を元にした個人的な見解ですので、国民の総意でもオフィシャルな情報でもないことをあらかじめご了承下さい。

Continue reading “イタリア国民投票・レンツィ首相辞任-その2”

イタリア国民投票・レンツィ首相辞任-その1

長い間話題にあがっていたイタリア国民投票、ついに決着がつきました。結果はNO否決派の勝利となりました。

今回議題となっていたのは、以前の記事でご紹介したように、完全二院制の廃止をするか否かということ。実際はそれに伴い他の多くの変更事項も含まれていたのですがメインはあくまでも上院の権力を縮小しようというものでした。

昨日12月4日に投票が行われ、結果は59% 対 41%否決となりました。元々国民投票前の世論調査では否決派が優勢とずっと伝えられていたので納得の結果ではありますが、トランプ当選・Brexitとどんでん返しが続いていたため、皆ハラハラしながら開票速報をチェックしていました。

さて今回の国民投票の結果、せっかくですので詳しく掘り下げたいと思います。

Continue reading “イタリア国民投票・レンツィ首相辞任-その1”

世界一挑発的なイタリア証券取引所

日本では東京のイメージが強いためか、首都というと政治・行政・経済すべての中心地というイメージがあるかと思います。しかし世界には、政治・行政の中心地と、経済の中心地を分ける政経分離型のモデルで国家が成り立っている国々も数多くあります。アメリカ合衆国(ワシントンDC・NY)やオーストラリア(キャンベラ・シドニー)が代表的ですね。そしてイタリアも例に漏れず、このモデルを採用しています。

イタリアの首都はローマでは、国会が行われ、首相官邸もあるため、政治・行政の中心地としての役割を果たしています。しかし、経済・ビジネスの中心地になっているのはミラノです。恐らく狙って政経分離を行ったわけではなく、他のEU諸国に近いという立地条件が有利に働いたことで、ミラノの経済市場が大きくなったのだと思いますが。

そしてイタリア経済の中心であるミラノには、勿論イタリア証券取引所(Borsa Italiana)もあります。メトロ赤線・Cordusio駅から歩いて3分のところにあるPiazza Affari(直訳すると仕事広場)に聳え立つこちらの荘厳な建物。 Continue reading “世界一挑発的なイタリア証券取引所”

ミラノを護る、聖アンブロージョ

今年も残すところ僅かとなりました。日本では12月は師も走る季節と言われていますが、ミラノにいても、日本に負けないくらい大忙しの月です。

勿論一番のビッグイベントはクリスマスですが、その前にもうひとつの連休、Ponte di Sant’Ambrogio(ポンテ ディ サンタンブロージョ)があるからです。

Continue reading “ミラノを護る、聖アンブロージョ”

12月4日 イタリア国民投票:まとめ

今回は少しテイストを変えてお送りしたいと思います。

来る12月4日、イタリアではとても重要な国民投票が行われます。以前の記事でも触れたように、完全両院制を存続させるか否か、というのが根本的な議題として扱われています。しかし、イタリアで生活をしていると、この国民投票が全く異なる捉え方をされているのが肌で実感できます。

実はかなり複雑な構造の議題を取り扱っているため、イタリア人でも理解している人が少ないといわれている今回の国民投票。私なりに調べてみましたので、簡単に説明していきます。

Continue reading “12月4日 イタリア国民投票:まとめ”

ミラノの移動手段:メトロ・トラム・バス編

以前の投稿でミラノのカーシェアリング・バイクシェアリングサービスについて紹介いたしました。これらは会員登録が必要なため、定住者向けのサービスと言えるでしょう。

一般的に観光客としてミラノを訪れた際は、公共交通機関を使用するのが一般的です。今回は、そのミラノの公共交通機関の種類と乗り方をご紹介いたします。
Continue reading “ミラノの移動手段:メトロ・トラム・バス編”

ミラノの人々のヘアケア事情

こんなことを言うと引かれてしまうかも知れませんが、私は髪の毛を二日に一度しか洗いません。冬場やあまり外にでないときは、三日に一度のときもあります。

元々日本に住んでいたときは、毎日お風呂に入るたびに洗髪をしていました。しかしミラノに移住後、イタリア人とハウスシェアをするようになり、「毎日髪洗うなんて正気?めっちゃ髪痛むよ?」と言われ続けた結果、徐々に2日に1度の洗髪頻度になっていきました。
Continue reading “ミラノの人々のヘアケア事情”

イタリアNo1観光地、ミラノ

ミラノは、その経済規模や国内への影響力の割に、
観光客の数が少ない都市…でした。少し前までは。

またまた新聞Corriere della Seraの記事からのネタになりますが、
Master Card調査の世界渡航先ランキング 2016年Ver.で、
ミラノがイタリアの都市で最も良い順位(世界14位)に着いているという結果が発表されました。

これ、イタリアに住んでいる人にとってはとても意外な順位なのです。
なにせ、ヴェネツィアフィレンツェ、そして首都ローマを押さえての国内1位。
一般的にはドゥオーモと最後の晩餐くらいしか有名な観光スポットが無いミラノに、
ここまで観光客が訪れるのは、住人としてとても嬉しいことであると同時に、
不思議に思うことでもあります。

Continue reading “イタリアNo1観光地、ミラノ”

キャリアパス In Milan-その3

無事ショップ販売員として採用されたあと、私はある目標を立てました。それは、自分の専門分野を作ること。

ミラノでの就職活動で、やる気だけではどこも雇ってくれないことを痛感し、自分をPRする武器となる専門性を培うべきだと悟ったのです。

ミラノに引っ越すまでは、日本語とイタリア語が話せるということで就職先には困らないだろうと甘く見ていましたが、実際には2言語・3言語を話せる人は山ほどおり、さらに+αとなる何かを身に付ける必要性を強く感じました。

Continue reading “キャリアパス In Milan-その3”

政治・宗教・野球の話で盛り上がる街、ミラノ

キャリアパスのお話は一旦お休みして、今日はミラノの人々の間で交わされる話題のお話をしたいと思います。

一般的に日本では、政治・宗教・野球の話はタブーとされています。なぜ野球が含まれているのかが未だに理解できないのですが、要するに揉め事になりそうな話題は避けようという風潮なのでしょうね。

対してミラノでは、とてもオープンに、そして頻繁に、友人間でこれらの話題が取り上げられます。(ただしミラノの場合、野球ではなくサッカーの話になりますが)

Continue reading “政治・宗教・野球の話で盛り上がる街、ミラノ”