ミラノの人々、日本へ行く

一年のメインイベントであるクリスマスも過ぎ去り、ミラノはすっかり年末モードになりました。なった、はずです。というのも、この記事が投稿されている頃、私はミラノにいないからです。詳しくは下記に。

日本では、年末年始は一年で一番休むべきタイミングだと考えられていますが、ここイタリアで正式に休みなのは元日のみ。大晦日も多くの企業が午前中は営業しています。

世代にも依るでしょうが、イタリアの若者の年末年始の過ごし方は、大晦日に親戚や友人達と晩餐会→夜はカウントダウンイベント(コンサートなど)に→年が明けたらお酒をのんでちょっと騒ぐ→夜更けに帰宅、という感じです。元日は祝日なのでゆっくり休み、翌1月2日からは普段通りの日常にもどるという人も少なくありません。

さて、このタイトルは一体何かとお思いの方もいらっしゃるかと思います。まさに言葉通りなのですが・・・ミラノの友人を連れて、日本に一時帰国しますContinue reading “ミラノの人々、日本へ行く”

パネットーネを作ろう!イタリアマンマのレシピ

Buon Natale!(メリークリスマス)
皆さん今年はどんなクリスマスをお過ごしですか?今年は丁度イブとクリスマスが土日にかかっているので、ゆっくり過ごされているかたも多いかと思います。

さて、今まで4回に渡ってクリスマスネタをお話してきました。イタリアでのクリスマスの過ごし方について、これらの記事を通して少しでも興味を持ってもらえたらとても嬉しいです。

今日は、実際にイタリア、そしてミラノのクリスマスを体験していただけるレシピをご紹介します。
Continue reading “パネットーネを作ろう!イタリアマンマのレシピ”

イタリア風クリスマスの過ごし方-プレゼントの差出人-

クリスマス記事四連発、最終回の今日は「プレゼントの差出人」についてお話したいと思います。

有名なあの人以外にも、イタリアには色んなプレゼントの差出人が存在します。地域によっても習慣が異なり、それによってプレゼントを受け取るタイミングも変わってきます。どんな人たちが贈り物をもってきてくれるのか、それぞれのプロフィールを見てみましょう。

サンタクロース(Babbo Natale)

クリスマスプレゼントを持ってきてくれる人、といえば皆さん誰を想像するでしょうか。殆ど全員の方が、赤い服に白い髭をたくわえたサンタクロースを想像したかと思います。イタリア語でBabbo Natale(バッボナターレ)と呼ばれるサンタクロースは、もともと北欧の伝説として語り継がれてきたものが世界中に広まったもので、イタリア本来の伝統ではありません。とはいっても、グローバル化が進むと共にイタリアでもサンタクロースは身近な存在となり、今ではすっかりクリスマスのプレゼント=サンタさんの方程式ができあがっています。
Continue reading “イタリア風クリスマスの過ごし方-プレゼントの差出人-”

イタリア風クリスマスの過ごし方-パネットーネ or パンドーロ?-

前回の記事では、クリスマスの食事のタイミングについてお話しました。今回は、クリスマスの食卓に欠かせないイタリアのスイーツについてご紹介します。

パネットーネ派か、パンドーロ派か

イタリア人にとってクリスマスはフードファイトの日です。アンティパスト(前菜)からスイーツまで、数々の料理がエンドレスに食卓に並びます。そんなクリスマスの食事に欠かせないのが、イタリアの二大クリスマススイーツ、パネットーネパンドーロです。
Continue reading “イタリア風クリスマスの過ごし方-パネットーネ or パンドーロ?-”

イタリア風クリスマスの過ごし方-いつ祝う?-

“Natale con i tuoi, Pasqua con chi vuoi”
-クリスマスは家族と、イースターはお好きな人と-

イタリアにはこんなことわざがあります。イースター(復活祭)は友人や恋人と過ごしてもいいけれど、クリスマスは皆それぞれの家族と過ごしましょう、ということですね。

カトリックの総本山・バチカン市国があるだけあって、イタリアではクリスマスはとても大切な日として位置付けられています。この日ばかりは、実家から離れて暮らしている人も皆地元に戻り、家族でクリスマスをお祝いするのがイタリアの習慣です。

家族が実家に揃ったら、一緒に食事をとってクリスマスをお祝いします。ただし、家庭によって重要視する食事のタイミングがクリスマスイブのディナーである場合と、クリスマス当日のランチである場合があるのです。
Continue reading “イタリア風クリスマスの過ごし方-いつ祝う?-”

イタリア風クリスマスの過ごし方-デコレーション編-

クリスマスが近づいて、ミラノは街中のいたるところにクリスマスのデコレーションが出現しています。心なしか、ミラノの人々もいつもより笑顔が多く、浮き足立っている感じ。クリスマスはイタリアで最も大切にされているイベントなだけあり、聖アンブロージョの祝日が到来したら、街は一気にクリスマスモードになります。

いたるところにイルミネーションが

主要な通りには全てイルミネーションの飾りが施されます。また、プラダ本店があることでもお馴染みのミラノのアーケード、ガッレリア(Galleria)もこんな感じで一気に光輝くクリスマスモードに。
Continue reading “イタリア風クリスマスの過ごし方-デコレーション編-”

ミラノで愛されるブラジリアン寿司

世界中で愛されるSUSHI。ここミラノも例に漏れず、いまや寿司を食べたことのないミラノ市民は殆どいないのではないかという位、寿司文化が浸透しています。

手軽に寿司を食べたいときはAll you can eat(中国人が経営する食べ放題の店)で20ユーロで寿司を満喫し、本格的なものを食べたいときは、OsakaEndoといった老舗の日本食レストランに行くこともできます。ミラノの有名デパートLa Rinascenteの最上階には、回転寿司もあります。

どんなニーズにも対応できる寿司の万能さをミラノの人々も好んでおり、頻繁に食しています。実際に私も、日本に住んでいるときよりミラノ移住後の方が、寿司を食べる機会が増えました。

今日は、そんな寿司フィーバー真っ只中のミラノで、お洒落な若者たちに大人気のある寿司があります。
Continue reading “ミラノで愛されるブラジリアン寿司”

誕生日を祝おう in Milan

私事ですが、先日誕生日を迎えました。20代も後半戦になってきた辺りから誕生日は全く嬉しいものでは無くなってしまっているのですが、塞ぎこんでしまうと余計に気が滅入るので、毎年嫌々ながらも友人達にお祝いしてもらっています。

日本では大人がバースデーパーティをする習慣はあまり浸透していませんが、ミラノではいくつになっても誕生日は友人や家族に囲まれて祝うもの、と認識されています。今回は、そんなミラノの人々の誕生日の祝い方をご紹介します。
Continue reading “誕生日を祝おう in Milan”

留学・移住先での友達の作り方-ミラノ編

新しい土地に移住する時、新しく一から友人関係を築き上げるのは一苦労ですよね。移住先が海外だった場合、そのハードルは一層高いものとなります。今回は、そんな海外での友人の作り方を、私のミラノでの体験を元にお話したいと思います。

移住には、語学留学・大学留学・就職移住と色々なシチュエーションがありますが、どの場合でも共通して言えるのは、日本人とつるんではいけないということです。
Continue reading “留学・移住先での友達の作り方-ミラノ編”

ミラノの人々のお呼ばれマナー

なかなか重い政治の話が続いていたので、今日は軽めの話題を。ミラノに長く滞在したり、移住したりすると避けては通れないお呼ばれディナーについてお話したいと思います。

イタリアでは日本に比べ、友人の家でディナーをする機会が非常に多いです。私も、少なくとも週一回は友人を夕食に招いています。ディナーといっても、かしこまった食事会のような機会では無く、レストランで食事をするのは高いから、家でまったりご飯食べましょう、というスタンスのものです。

月€1300ほどの収入しかない一般的なミラノの若者にとって、外食というのはかなりお財布を圧迫する存在です。ピザやハンバーガーなどで手軽に済ませる場合は別として、ちょっとしたレストランやトラットリア(大衆向けレストラン)でご飯を食べて、ワインでも飲もうものなら、簡単に一人当たり€35-40程の値段になってしまいます。わかりやすいように日本円で換算すると、手取り15万円台の人が外食で4-5千円出しているようなものです。かなり家計に響くお値段ですよね。そのため、必然的に安上がりな自宅ディナーをする回数が多くなります。

Continue reading “ミラノの人々のお呼ばれマナー”